「YOHAKU」 令和3年度第3期

2022年の1月から6月にかけて、私たちはYOHAKUという任意団体を立ち上げ、休憩小屋を制作しました。

2020年からコロナ禍で行動が制限され数々のイベントが中止になっていた中で、何か活動したいという学生たちの思いが高まり、プロジェクトは始まりました。

出雲崎町にある梅畑にて活動する「ふらっと梅部」の方々の「メンテナンス・収穫時に休憩する場所が欲しい」という声があったということが今回の出雲崎での活動のきっかけです。私たちが作ったものが社会、地域活動の余白となり、日常が少しおもしろいことにならないかと思い、YOHAKU(余白)というプロジェクト名にしました。

学校の課題はパソコン上で完結することがほとんどで実際に制作することははじめてであるため、戸惑いも多かったです。しかしツリーハウスビルダーの馬場弘至さんに図面作成のアドバイスをいただいたり、ほぞの加工などを教えていただき、春休み期間での制作の計画を立てていきました。木材加工は大学の木工房を使い学生たちで協力して行いました。

そしていよいよ、現地での組み立てを4月24日に行いました。馬場さんやふらっと梅部の方々やYOHAKUのメンバー、地域住民など多くの人に集まっていただき、見守られながら組み立てました。ものづくりを通して学生と地域の方々との交流も深めることができ、また実際に建物を作り、使っていただけるという体験ができたことを嬉しく思います。

 

竹本悠大郎 乾漆彫刻展 令和4年度第1期

長岡造形大学大学院 造形研究科 博士(後期)課程3年
206002 竹本悠大郎

今回は個展「竹本悠大郎 乾漆彫刻展」に助成いただきありがとうございました。

この展示は私にとって初めての個展であり,長岡造形大学ですすめてきたこれまでの研究成果を公開する重要なものでした。

10日間の開催期間中,多くの新潟県内の市民や美術関係者,長岡造形大学の教員や職員,学生に足を運んでいただきました。作品制作だけでなく,論文執筆も行うという私の研究を公開するため,今回の展示では彫刻と共にこれまで執筆してきた論文も展示しました。

そのようにして開示した研究内容に関心を示された7名の来場者から,論文を読みたいとのコメントをいただき送付するということもありました。

乾漆10点,テラコッタ(焼きもの)4点,ブロンズ1点,計15点の彫刻と版画3点に併せ論文5本という充実した作品量の展示に対して,これまで彫刻に馴染みのなかった来場者からも,様々な感想や解釈を聴くことができました。来場者の感想や考えを聴き,対話する中で気付くことの多い展示となりました。作品制作と論文執筆,どちらについても今後の課題が見えてきた10日間でした。

微力ではありますが,研究内容を広く市民に公開し,研究の成果を社会に還元していくことができたのではないかという手応えを得ています。

校友会の支援により初めての個展を充実したものとすることができました。ありがとうございました。

ファッションショー「Radio」を開催

私たちは令和4年2月にファッションショー「Radio」を開催しました。

目的は、長岡造形大学の学生を主体とし、歴代にはない体制や企画を形にしたファッションショーを全国の方に見てもらい、長岡造形大学並びに長岡市の知名度・発展・興味関心を高める為です。

今年度のショーの主体になったメンバーは拘りが強く、その分やってみたい案が多かったように感じています。その拘りを最大限表現し、何よりも目的を果たす為に校友会に助成をお願いする事にしました。

歴代に無い企画内容をしてみたいと思い、準備を進めてきました。一例として、
(1)感染症対策・ドレスコードとしてオリジナルマスクの制作
(2)従来に無いパンフレットデザイン
(3)音響・照明の業者様にお願いをせず、配信・照明・音響、全て学生で行う
事などが挙げられます。

それぞれ担当の部署の学生が全力を尽くし、よりショーのテーマ・コンセプトを表現できたのでは無いかと思っています。
ショーは2部構成で、感染症対策として完全予約制、インターネットでのライブ配信を採用しました。1部の予約は満席、2部もほぼ満席、ライブ配信は1・2部合わせて現在1,460回試聴という結果になりました。数字のみではありますが、人数に換算すると過去最高かと思います。

また、今年度は長岡美容専門学校様に協力頂き、ヘアメイクにも力を入れています。
その結果、全国の方に見て頂き長岡造形大学並びに長岡市への興味関心を高めることが出来たのではないかと思います。
また、コンセプトとしてファッションの表現の幅広さを感じて頂けたら幸いです。

主催:プロダクトデザイン学科テキスタイル・ファッションデザインコース

卒業生現況調査への協力のお願い

長岡造形大学キャリアデザインセンターでは開学から26年が経ち、各方面の第一線でご活躍を続けられている皆様の現況を定期的に確認し、皆様の背中を追いかけるべく日々勉学に励んでいる在学生たちの支援を目的として、データベースの更新を行いたいと思っております。

つきましては以下のような「卒業生現況調査ハガキ」を送付させていただきますので、以下のQRコードよりご回答いただけますようご協力のほどよろしくお願いいたします。(前回調査は平成27年12月頃実施しています。それ以降変更がない方は回答不要です。)

なお、回答締切は令和4年3月31日といたします。

思い出作ろう!長岡米三百俵まつり

1・2年生への思い出作り&長岡魂を知ってもらう為にイベントを企画。
長岡の花火の打ち上げと、学生へ向けて長岡産新米・長岡で作られたしょうゆ・五十六カレー等の食料詰め合わせを無償配布するとともに
医療従事者への感謝・長岡の花火業者さんの応援になればということで実施させていただきました。

Uターンイベント「にいがた若者座談会」のお知らせ

県外在住の新潟県出身の方(20~30歳代)および新潟への移住を考えている方を対象に、
オンラインで交流イベントを実施します。

「にいがた若者座談会vol.3 @オンライン」
開催日:2月21日(日)16:00~18:00
会場:オンライン(Zoom)
主催:新潟県

詳細や申し込みは以下のHPから。

■にいがた暮らしHP
https://niigatakurashi.com/event/44891/ 
 
(参考)
■にいがた暮らしFacebook 
https://www.facebook.com/niigatakurashi/photos/a.1325079027535277/3753251738051315/
 
■にいがた暮らしTwitter 
https://twitter.com/niigatakurashi/status/1354586006758903812 

【重要】(長岡造形大学)大学配布メールアカウント廃止のお知らせ

長岡造形大学 卒業生の皆さま

長岡造形大学 事務局です。

現在、卒業生の皆さんにお使いいただいているGmailアカウント(a〇〇〇〇〇〇@st.nagaoka-id.ac.jp)についての重要なご連絡です。

今日まで、本学入学時に配布のGmailアカウントについて、卒業後もお使いいただけるように運用して参りましたが、時代の変化及び大学におけるGmailアカウント利用方法の変更に伴い、この度、令和3年3月31日をもちまして、卒業生の方へのGmailアカウントの提供を一律廃止することとなりました。

ご利用中の皆様には、ご迷惑をお掛け致しますが、令和3年3月31日までにデータの移行や登録メールアドレスの変更等の必要な作業等をしていただきますよう、謹んでお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

 

担当課:長岡造形大学 施設課
shisetsu@nagaoka-id.ac.jp
0258-21-3314

長岡造形大学水流理事長より謝辞

今般の新型コロナウイルス感染症の影響で本学の前期授業が遠隔授業形式となったことに伴い、インターネット環境の整備などに役立ててもらおうと、長岡造形大学は5月、「修学環境整備支援金」として在籍生に対して一律5万円を給付しました。

その際、学生支援の一環として校友会から大学に寄付を行ったことから、このたび長岡造形大学の水流理事長、馬場学長、河村副理事長より謝辞を受けました。木村会長は「役員間でも何か支援したいとの声があった。今回、このような形でスピーディーに支援に協力できて大変良かった。」と伝えました

左から河村副理事長、馬場学長、木村校友会会長、水流理事長=26日、長岡造形大学理事長室

 

校友会から在学生に支援を決めました。

新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する、4月下旬に校友会役員より、在学生支援についての提案がありました。5月に校友会役員会を実施し、校友会から在学生全員にひとり1万円の助成を決めました。助成金は大学に寄付し、大学からの助成金と合わせて学生に給付される予定です。